白髪予防に有用なアイテム【サプリメントで栄養を補う】

自分の毛根を使う手術

鏡を見る男性

薬の服用は必要ない

男性の多くが悩むのが薄毛です。AGAと呼ばれる症状があり、男性型脱毛症とも言われています。男性ホルモンが影響して髪の毛の成長サイクルを乱すことで抜け毛が多くなります。成長しきらない前に抜けるので、どんどん薄くなってしまいます。抜けるのが早くなるとそのうち髪の毛が生えない休止状態になり、やがて一切生えない死期の状態になります。こうなると薬などでは毛が生えてきません。そのときに選択できる治療方法として自毛植毛があります。かつらメーカーなどでは、人工毛を植毛するサービスを行っていますが、自毛植毛は医療機関で受けられる治療方法の一つです。頭皮には男性ホルモンの影響を受けやすい前頭部や頭頂部と、影響を受けにくい後頭部や側頭部があります。そこで、影響を受けにくいところから毛根を採取し、それを気になる部分に植毛するのが自毛植毛になります。人工毛の植毛のように長い毛を抜いてそれを地肌に縫い付けたり、今ある毛に結び付けたりするわけではありません。自毛植毛では、まzグラフトと呼ばれる後頭部などの毛根を採取します。その後移植する部分に毛根を埋め込むためのホールを作成し、そのホールの中に毛根を埋め込んでいきます。植毛後は一旦髪の毛が抜けますが、その後毛根が定着すると次第に新たな毛が生えてきます。移植した部分は男性ホルモンの影響を受けにくいので、どんどん伸びてきます。生えてくるまでに数箇月、生えそろうまでには半年から1年ぐらいかかりますが、生えれば手術の痕などはわからなくなります。

Copyright© 2018 白髪予防に有用なアイテム【サプリメントで栄養を補う】 All Rights Reserved.